2018
06.26

京都へ

Category: 日々の事
昨日、今日と、30度を軽く超える猛暑日
となりました。

今年は、6月に入っても朝晩は風が冷たく
いつまで経っても、冬布団を離せずにいま
したが、
さすがに、そろそろ夏布団が必要です。

バタバタしているうちに、夏至も過ぎ、
今日は、今年初めて、蝉の声を聞きました


kimono nagai 3
kimono nagai 2
kimono nagai 4
kimono nagai 1


先週の火曜日から木曜日まで、一人京都に
出かけました。

田中直(たなか なお)染料店
高橋誠一郎先生の「草木染特別講座」
10時から5時まで、2日間の講習会です

一言では言い表せないほどの収穫が
ありました
「目からうろこの草木染技法」と、唱って
おられる様に、頭の中を揺さぶられる感じ
でした。
そして、本題以外の染色業界裏話も
とっても面白かった!

そして、3日目、
2ヶ月ほど前に、お客様が名古屋の呉服屋
さんで実物を見て感動され、わざわざ家まで
届けてくださった
永治屋清左衛門 (永井織物株式会社)
さんのパンフレット

「もし、京都に行かれる事があれば、是非
ショールームをのぞいてきて下さい」

偶然にも、田中直染料店と同じ最寄駅、
地下鉄五条駅から歩ける距離でした。


世界最高峰と言われる、ブラジルの生糸
ブラタク社Aランク(エルメスと永井織物
さんのみが使用)を使い、経錦、緯錦の
組織を組み合わせた二重織物を地に
緯糸で柄を唐織りし、贅沢な光沢感と
絵画的な意匠は、どれも圧倒的な
存在感がありました。

唐織りとは、三枚綾の組織の地に様々な
色の緯糸を使い模様を表した刺繍のように
見える織物で、能装束等に用いられている
技法です。

どれも本当に優雅で気品にあふれ、素晴し
かったのですが、中でも
写真2枚目の立てかけてある帯と
写真4枚目の、畳んである帯の色合い
デザインに、暫く見蕩れていました。


写真3枚目の着物は、明智光秀の娘で
細川忠興の正室、細川ガラシャの着物を
再現されたものだそうです。




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
06.16

小さいラン

Category: 日々の事
ran feruto 2
ran feruto 1

ランにそっくりなフェルトの人形が
やって来ました。
色々な角度からの写真を元に、
毛の色、体型、表情、肉球、お腹まで
ちょっと実年齢より若く、あどけない顔
ですが、もうメロメロです!

幼馴染に紹介してもらい、
てっきり個人の作家さんが作ってみえると
思っていましたが、

岐阜県多治見市にあります、
Hitujigumo Sun ひつじぐも サン
と言う、就労継続支援A型で働く皆さん
が作って下さいました。

これは、愛犬そっくりに作るリアル
人気があり、約一年待ちですが、
待つ甲斐は、十分にあります!
他にも、フェルトで作るマスコット
ペットウエア、アクセサリーなども
手作りで販売されています。

愛おしい宝物がまた一つ、増えました。
心から感謝です!


2018 6 kashiwaba

今年も裏庭の柏葉紫陽花とアナベルが
綺麗に咲いてくれました。

Comment:0  Trackback:0
2018
06.05

六月 水無月

Category: 日々の事
nezamenotoko 3
nezamenotoko
nezamenotoko

6月に入りました。
今年は5月が、いつもより肌寒く
なかなか、ストーブを片付けられずに
いましたが、
さすがに先週末辺りからは初夏の陽気です

一昨日の日曜日、梅雨に入る前のドライブ
にと、
信州木曽、上松(あげまつ)にあります
寝覚ノ床 (ねざめのとこ)に行ってきま
した。

かつて木曽川を流れる満々の水の
渦巻く激流や、はじき飛ぶ小石によって
悠久の時の流れとともに磨かれた
白々とした大岩、奇岩は
とても写真では収まりきらない、圧倒的な
壮大さがありました。

寝覚ノ床と言う、名前の由来には
浦島太郎の伝説があります。

竜宮城から現世に戻り、諸国をさまよった
浦島太郎は、上松の里を気に入り住みつき
毎日、寝覚めの床で好きな釣りを楽しみ
ました。
ある時、ついに、開けてはいけないと
言われていた玉手箱を開けてしまいます
紫色の煙を浴び、たちまち三百歳の翁に
なってしまった太郎は、嘆き悲しみ
この地から姿を消します。
太郎が去った後には、弁財天の像が残され
これを祀って建立されたのが、この渓谷の
上に立つ臨川寺と言うお寺なのだとか

浦島太郎伝説は全国津々浦々あるようです

1枚目の写真はお寺から床岩を撮りました
2枚目、3枚目は遊歩道から
かなり良い運動になりました(^_^.)


2018 ume 1
2018 ume 3

今年は、2種類の梅を漬けてみました。

上の写真は、黒砂糖と蜂蜜
下は、角砂糖と、米酢です。
どちらも、ジュースになります。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top