2016
09.28

秋の長雨

Category: 織り
綾織り大判ストール

しとしとと、秋の長雨が続いています。
いつもなら、梅雨時以外はしまい込んでいる除湿機を
朝からフル稼働させています。
一日に約10リットルの水が溜まるのには、その量にも
仕組みにも驚きます。
どうなっているんでしょう。。。。?

「夏に氷の入ったグラスに水滴がつく現象と同じなのでは」
との事。なるほど、温度差を利用するんですね。
仕組みが分からずとも、当たり前にそこにある物の多いこと。
ふーむ、最初に作った人は、やっぱりすごい。

何のからくりもない、単純な木枠の織機で、
大判のストールを織っています。
馬酔木(アセビ)のベージュ、マリーゴールドの黄色を
経糸、緯糸ともに使いました。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://lilt321.blog.fc2.com/tb.php/104-b7b3f5fb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top