2015
05.21

綿手紡ぎ糸

Category: 織り
綿紬糸マット

写真のピントが、たて糸として使った、コーン巻きの糸(紙管に巻いてある糸)に合ってしまい、少しわかりづらいかもしれませんが、よこ糸には手で紡がれた太い綿の糸を使いました。
当たり前に着物を纏っていた時分、いたるところで綿が作られ、その綿を糸車で糸に紡ぎ、機で、普段着用の布が織られていました。
この糸はアジアのどこかからの輸入品です。

数年前、花壇いっぱいに、西洋綿の種をまき、オクラの花のような大輪の綺麗な花を咲かせた後、緑と茶の美しい綿を大量に収穫しました。

実家の母に、綿から種を取り除いてくれるように、お願いしておき、後日、取りに行ったところ、はぎとられた綿は既にゴミとして捨てられ、そこには大量の種だけが、しっかり袋に入っていました。
ワタが・・・・・。言うまでもなく、振り出しに戻りました。

スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://lilt321.blog.fc2.com/tb.php/60-e441ec91
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top